ホルモンバランスの乱れは不調の原因

ホルモンバランスの乱れは不調の原因

生理=面倒な存在、なだけではないんです

読了までの目安時間:約 3分

もしかして生理の量が多いほうなのかな?と思い始めたのは大学生の頃でした。友人はたくさん居てもあまり生理の話をするわけでもなく、「自分の生理」しか知らなかった私。

日中も夜用を使っていて、小さいサイズのものを見る度にこんなので大丈夫なの?と感じていたのが気づくきっかけでした。ただ、気づいてからも「私はそういう体質なんだ」と思うだけで、特になにも感じることもなく。普通に大きなナプキンを使っていました。昼でも夜でも。

ただ、大人になり婦人科を受診した時に言われたんです。「筋腫がある」と。話を聞いたところによると、子宮筋腫があると出血量が多かったりするらしいです。あらまぁ、と。単純にビックリしてしまいました。当たり前かもしれませんが、無自覚だったので。私の場合、小さいものがたくさん、なケースのようです。

ちなみに、小さいものがたくさん、でも無事に妊娠、出産することはできました。みんながみんなそうというわけではありませんが、私の場合筋腫が大丈夫な位置にあるらしいです。ただ、出産後の初めての生理から1年くらいは・・・今まで以上の血が出ました。特に初めての時は、2時間くらいで夜用がいっぱいになり漏れます。あれはかなりの衝撃でした。

面倒な存在、と思いがちな生理。でも健康をあらわすバロメータ的存在だと今では思います。これからはきちんと観察しながら、自分の健康と向き合っていきたいですね。月経時に大人ニキビができる事態は多くあり、生理痛・腰痛を全く感じないならば肌がきれいなことが多いといわれていてホルモンの働きがとても良いのなのだとか。ぽっちゃり体形の女性は具合が良くない事の引金とは女性ホルモンのバランスなどがあり、不調はたくさんあって多種多様なのです。また月経ごとに辛い症状変化するのです。ホルモンの崩れが起因となる下痢とかは休息のみでは予防に至ることは難しいものですので、体質に合ったの措置を取り組んでホルモンバランス改善を意識していきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ